住信SBIネット銀行は2020年3月までに、インターネットバンキングシステムで利用している米オラクル(Oracle)のデータベース(DB)ソフトをAmazon Web Services(AWS)の「Amazon Aurora PostgreSQL」に移行する。運用費用の80%削減が狙いだ。

 「性能や可用性を考慮した結果、AWSのDBに移行しても問題ないと判断した」。住信SBIの相川真一システム開発第2部長は、DBの移行を進めている背景をこう説明する。インターネットバンキングシステムは、店舗を持たない住信SBIにとって、「勘定系に次ぐ重要なシステムだ」と相川部長は話す。顧客はインターネットバンキングシステムを通じて、残高照会や口座振替、新規サービスの申し込みなどを行う。一般的な銀行の店舗窓口の役割を果たすシステムだ。

 インターネットバンキングシステムはこれまでオンプレミス環境で稼働し、DBは「Oracle Database 11g」の最上位版である「Enterprise Edition」を利用。Oracle DBのクラスタリング機能「Real Application Clusters(RAC)」で3ノード構成を組み、可用性を高めていた。これをAWSのフルマネージドのDBサービス「Amazon Aurora PostgreSQL」に移行する。プロジェクトは2018年7月に開始し、2020年3月に移行を完了する予定だ。

移行費用は3年で回収可能

 移行を決断するに際して、住信SBIは性能、可用性、拡張性、コストなどのポイントで、利用中のOracle DBとAmazon Auroraを比較するためのPoC(概念実証)を実施した。

住信SBIネット銀行がDB選定において評価したポイント
[画像のクリックで拡大表示]

 可用性では障害発生時にレプリカノードに切り替わる時間を測定し、Amazon Auroraで30秒以内に切り替わることを確認。「Oracle RACのカタログ値よりも速く切り替わり、問題ない」(相川部長)と判断した。

 コスト面ではOracle DBの運用費用とAmazon Auroraの利用料金を比較して83%程度、年間の運用費用が削減できるとの試算になった。Oracle DBの運用費用は購入時のライセンス費用や年間保守費用、ハードウエア、データセンターの利用費用などを基に計算し、Amazon Auroraの利用料金は、サービス利用料金にPostgreSQLのサポート料金を加えて算出した。「オラクルは保守料が上がるのに対し、AWSは年に数回の値下げを実施している。この点もコスト削減に寄与すると考えた」と相川部長は説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら