電気自動車(EV)バイクの普及を目指した日本連合が誕生する。ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の4社は2019年4月4日、共同で「交換式」電池パックの仕様統一に乗り出すと発表した(図1)。4社で協議体を設立し、仕様や実現時期などの詳細を詰めていく。同電池パックを使って、各社が排気量125ccクラス以下の車格でEVバイクを開発する。交換ステーションなどインフラ面の協業も進める。日本市場を対象にした取り組みとするが、将来的には市場が大きいインドや東南アジアへの進出を狙う可能性が高い。

図1 発表会に登壇した各社の担当者。左から、ホンダ二輪事業企画部部長の三原大樹氏、川崎重工業企画本部渉外部部長の古橋賢一氏、スズキ二輪企画部部長の福留武志氏、ヤマハ発動機戦略統括部統括部長の有西達哉氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 「(中国勢のEV化の速さに)大変な危機感がある」――。ホンダ二輪事業企画部部長の三原大樹氏は、協議体を設立した理由の1つをこう語る。特に、ホンダのシェアが7割を超える東南アジアに、中国勢が続々とEVバイクで進出しつつあるようだ。排ガス対応など、東南アジアを含めたアジア地域でのEV需要は拡大しており、バイクメーカー各社はEVバイクの投入を避けて通れない。

待ち時間を10秒以内に

図2 ホンダが展開する電池交換式の仕組み(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 バイクはクルマに比べて電池パックの搭載空間が小さく、1充電あたりの航続距離を延ばしにくい。そこで、日本連合は電池交換式の仕組みを積極的に採用し、課題解決を狙う(図2)。

 同仕組みは、着脱式の電池パックを交換ステーションに挿入して充電し、複数の電池を多数の利用者で使い回すもの。電池交換の所要時間は10秒以内。EVの弱点である充電時の待ち時間を大幅に減らし、連続的な走行を可能にする。

 電池パックを交換式にすれば、電池技術の進歩に合わせて性能を高めて載せ替えやすい。1個の電池パックを他モビリティーや家庭用の蓄電池などで使い回せるため、車両本体の価格を下げやすいといった利点も考えられる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら