中国ピコテクノロジー(Pico Technology)は、法人向けのVR(Virtual Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)の新製品「Pico G2 4K」を2019年4月末に発売する。単体で動作するスタンドアローン型のHMDで、画素数3840×2160のディスプレーを搭載し4Kに対応する。中国では2019年3月に発売されており、日本での販売価格は約4万円の予定。「コンテンツ東京2019」(2019年4月3~5日、東京ビッグサイト)で初めて展示した。

「Pico G2 4K」の外観
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pico G2 4Kは、ディスプレーに5.5型の液晶パネルを使用し、視野角は101度で、瞳孔間距離(IPD)調整機能は搭載しない。メモリー容量は4Gバイトで、チップセットは米クアルコム(Qualcomm)の「Snapdragon 835」を搭載する。バッテリーはヘッドバンドの後頭部側に内蔵している。容量は3500mAで、連続稼働時間は約3時間だという。

 同社が日本で2018年9月に発売した従来機種「Pico G2」(4万9500円(税別)、中国では「Pico G2 Pro」)と比較するとこれらの性能は据え置きだが、ディスプレーのリフレッシュレートが90Hzから75Hzに低下し、内部ストレージ容量が64Gバイトから32Gバイトに減少したほか、外部カメラが無くなった。

「Pico G2 4K」の底面
底面には、電源ボタン、USB Type-C端子、Micro SDカードスロット、イヤホンジャック、音量調整ボタン、内蔵スピーカーがある。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
「Pico G2 4K」のレンズ部分
フェイスパッドはシリコン製で清掃しやすく、取り外して交換することも可能。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら