電通国際情報サービス(ISID)とFAプロダクツは2019年3月、モデルベース開発(MBD)やIoT(Internet of Things)を活用して生産ライン構築を支援するパッケージソリューションを共同で開発・提供していくと発表した。2023年には両社合わせて約150億円の事業に育てる。同時に、FAプロダクツの株式を第三者割当増資によりISIDが取得することも明らかにした。出資後のISIDの持ち株比率は20%になる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら