「人の意識を機械に移植(アップロード)する技術を20年後にも実用化する」。こう豪語するベンチャー企業がいよいよ船出する。技術の発案者は、独マックスプランク研究所客員 研究員として脳科学を研究してきた東京大学大学院准教授の渡辺正峰氏(同氏のインタビュー)。同氏が技術顧問として参画する新会社「MinD in a Device」は、シードラウンド(起業準備段階)の資金調達を実施したと2019年3月25日に発表した。獲得した資金を使って、まずは渡辺氏が意識の源と考える「生成モデル」を実装したAIの開発を進め、20年後の意識のアップロード実現につなげる計画だ。

MinD in a Deviceのメンバー
左から、技術顧問の渡辺正峰氏、代表取締役の中村翼氏、社外取締役の鎌田富久氏。(写真:同社)
[画像のクリックで拡大表示]

 渡辺氏とタッグを組んだのは強力なメンバーである。MinD in a Deviceの代表取締役を務める中村翼氏は、トヨタ自動車在籍中に「空飛ぶクルマ」の実用化を目指す開発者集団CARTIVATORを立ち上げた人物だ(関連記事)。同氏は幼少時から人と機械の接点や融合に関心があり、人と機械の意識のインタフェースが今後多くの産業で基盤技術になりうると考えて、事業化を決意したという。今回、第三者割当増資を引き受けた一人はTomyK Ltd.代表の鎌田富久氏。ACCESSの創業者でNTTドコモの「iモード」の基本技術を開発した同氏は多くの国内ベンチャーを支えるエンジェル投資家であり、MinD in a Deviceの社外取締役に就任した(同氏のインタビュー)。このほか東京大学大学院特任准教授で日本ディープラーニング協会理事長の松尾豊氏も協力者に名を連ね、富士通や名古屋大学とも既に提携しているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら