NEC-産総研 人工知能連携研究室は、複雑で大規模な化学プラントの制御などに使える人工知能(AI)技術を開発中である。専門家などから獲得した知識と深層強化学習を組み合わせることで、人にも分かりやすいルールに基づく高度な制御手法を短時間で学習できるという。AIの内部がブラックボックスになることを避けつつ、深層学習ならではの高い性能を引き出す狙いである。

 開発中の方式を化学プラントのシミュレーターの一部に適用し、入力が乱れた時に素早く定常状態に復帰できることや、時間間隔や大きさが異なる様々な変動にも柔軟に対応できることを確かめた。NECは今後2年程度の期間で、実用化にこぎつけたいと意気込む。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら