「トヨタ自動車との提携を拡大し、自動運転開発の上流から下流まで幅広い領域でパートナーシップを組む」――。米エヌビディア(NVIDIA)CEO(最高経営責任者)のジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は2019年3月18日(米国時間)、自動運転開発においてトヨタグループとの関係を深めることを明らかにした(図1)。

図1 GTC 2019の基調講演でトヨタとの提携拡大を発表するJensen Huang氏(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国サンノゼで開催中の開発者会議「GPU Technology Conference(GTC)2019」の基調講演で発表した。今回の提携拡大は主に、自動運転開発の“下流”を対象にしたもの。具体的には、トヨタの自動運転子会社であるトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)が、NVIDIAが開発したシミュレーション環境「DRIVE Constellation」を採用することを決めた。

 両社は2017年の提携以降、自動運転開発の“上流”を中心に連携してきた。例えば、トヨタが2019年1月に公開した自動運転開発用の実験車両「TRI-P4」の車載コンピューターには、NVIDIAの最新SoC(System on Chip)「Xavier」を採用している(図2)。開発を担当したのは、トヨタのAI開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)だ。

図2 トヨタが「CES 2019」で公開した自動運転開発用の実験車両「TRI-P4」(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、TRI-ADが採用したDRIVE Constellationは、AI(人工知能)を使った自動運転システムが正しく動作するかを検証するものである。トヨタグループは自社でも同様のシミュレーション環境の開発を進めてきたが、検証の一部にNVIDIAの開発品を活用する方針に改めた。トヨタとしては、「自動運転の信頼性を担保する上でカギを握る重要な領域」(トヨタの自動運転開発者)を他社に委ねることになる。DRIVE ConstellationはTRI-ADだけでなく、TRIも開発で使う予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら