宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(ISAS)は、現在小惑星「リュウグウ」の観測を続けている小惑星探査機「はやぶさ2」で、2019年4月5日に人工クレーター生成実験を実施すると発表した(図1)。同探査機搭載の「SCI」(Small Carry-on Impactor)という装置を使い、質量約2kgの銅の衝突体をリュウグウ表面に打ち込み、直径数十cm~10m程度の人工クレーターを生成し、生成の様子を観察する。その後、生成したクレーター付近の状況が許せば、クレーター内部、あるいはその周辺部から、露出した小惑星内部サンプルの採取を試みる。

図1 2019年3月18日の記者会見の様子
模型を使いクレーター生成実験の手順を説明する久保田孝ISAS教授(右)と、佐伯孝尚助教(左)。
[画像のクリックで拡大表示]

 衝突体を打ち込むのは、同年2月22日にタッチダウンとサンプル採取に成功した場所(通称「タマテバコ」地点)の東側、リュウグウ赤道近くの「S01」という場所。S01は大小の岩塊に覆われたリュウグウ表面の中で、比較的平たんで小石や砂に覆われた場所が多い。なるべく大きなクレーターを生成しやすく、また実験後に生成したクレーターを同定しやすいという基準で選定された。

 小惑星のような太陽系小天体への人工物の衝突実験は、米航空宇宙局(NASA)が彗星(すいせい)探査機「ディープインパクト」(2005年1月打ち上げ)で、2005年7月4日にテンペル第1彗星の核に質量370kgの衝突体を打ち込む実験を実施して以来、世界で2例目となる。ディープインパクトは、テンペル第1彗星とランデブーせず、横を通過するタイミングで衝突体を打ち込み、発生した噴出物と生成クレーターの観測を行った。小天体にランデブーしての衝突実験ははやぶさ2が世界初。また、クレーターからの噴出物のサンプルを採取できれば、こちらも世界初となる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら