インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)が主導して開発を進めている製造データを流通させる仕組み「コネクテッド・インダストリーズ・オープン・フレームワーク(CIOF)」の概要が明らかとなった(関連記事)。

 CIOFは、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)がDMG森精機、日立製作所、ファナック、三菱電機と共同で開発したもの*1。異なるシステムやIoT(Internet of Things)プラットフォーム間で、容易かつ安全にデータ流通を実現するものとして期待されている。

*1 ここで言うオープン&クローズ戦略は、工場の情報やデータについてオープン化・標準化を進める一方で、競争領域の源泉となるノウハウなどの情報はきちんと秘匿することを意味する。

 「日本を代表するメーカーが英知を結集して開発した。オープン&クローズ戦略*2の中で豊富なデータを活用するため、“いかに隠しながらつなげるか”という未知の領域に先行して取り組んだ」。IVI理事長で法政大学デザイン工学部教授の西岡靖之氏は、2019年3月14~15日に東京で開催された「IVI公開シンポジウム 2019 -Spring-」のパネルディスカッションに登壇し、CIOFの先進性とこれからの活用に自信をみせた(図1)。

図1 「IVI公開シンポジウム 2019 -Spring-」のパネルディスカッション
理事長の西岡靖之氏(写真一番手前)の他、DMG森精機、日立製作所、ファナック、三菱電機、東芝デジタルソリューションズ、富士通、NECらからCIOFの開発やユースケースに参加した企業の担当者、東京大学大学院教授の越塚 登氏らが登壇した。
[画像のクリックで拡大表示]
*2 政府が提唱する「ソサエティ5.0」「コネクテッドインダストリーズ」を実現するための取り組み「製造プラットフォームオープン連携事業」として、「産業データ共有促進事業費補助金」を受けて開発した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら