未就学児から老人まで、インターネット上のトラブルにどう対処すればよいのか。サイバートラブルを回避する道しるべとなる教科書が2019年3月に無償公開された。セキュリティー企業のラックが蓄積した事例と5人の学識経験者の知見を整理した「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)」だ。未就学児がサイバートラブルから身を守るための知識とは何か、という問いに答えてくれる。

ラックの「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)」(写真左)とラックの「情報リテラシー啓発のための羅針盤 参考スライド集」(同右)。指南書が102ページ、スライド集が60ページ
(出所:ラック)
[画像のクリックで拡大表示]

未就学児には誤った情報の存在を知ってもらう

 最大の特徴は、年齢や立場で大きく9つに分けた人物の属性に対して、目標のレベルを設定している点だ。

未就学児も含めた9属性を規定。図は情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)の「子供」に分類される5属性
(出所:ラック)
[画像のクリックで拡大表示]

 9つの属性は、大きく年齢別に分けた7属性と、保護者と教育関係者という立場で分けた2属性となっている。具体的には、「未就学児・小学生(1~4年)」「小学生(5~6年)」「中学生」「高校生」「大学・専門学校生」「成人(一般)」「成人(特に高齢者等)」「保護者」「教育関係者」である。高齢者はITに不慣れな成人、という想定である。保護者は家庭教育、教育関係者は学校教育での啓発活動を期待する属性だ。

 同書は、インターネットに代表されるサイバー空間上のトラブルを「情報モラル」「情報セキュリティ」「消費者トラブル」という3分野に大きく分けて、さらに37項目に分類している。項目ごとに、トラブルの概要と対策の指針、到達目標、影響範囲とリスク、属性特有の注記、関連法令や罰則、参考事例を列挙している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら