スマホにつながる人工内耳、雑音環境でも明瞭な通話を

加齢性難聴を「しょうがない」で済まさないで

2019/03/15 05:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 最近、人の声やテレビの音声が聞こえにくい――。そんな難聴を解決する手段に「人工内耳」がある。

 音を大きくして中耳に伝える補聴器に対して、人工内耳はその名の通り内耳の働きをする人工感覚器である。内耳に代わって音声を分析し、重要な情報を抜き出して電気信号に変換して神経に伝える役割をする。

 人工内耳は、体内に埋め込むインプラントと体外装置であるサウンドプロセッサから成る。インプラントは手術で埋め込み、サウンドプロセッサはインプラントと頭皮を隔てて磁力で耳の上に貼り付ける。

(1)マイクロホンで音を拾いデジタル信号に変換するサウンドプロセッサ、(2)デジタル信号をインプラントに送る送信コイル、(3)デジタル信号を電気信号に変換するインプラント、(4)インプラントからの刺激を受ける蝸牛の聴神経(日本コクレアのプレスリリースより)
クリックすると拡大した画像が開きます

 日本では1991年に人工内耳手術の保険診療が可能になって以来、手術件数は年々増加している。その上、2017年には成人の人工内耳の適用範囲が広がった。これまでは、難聴の中でも「重度難聴」に当たる90dB以上の音しか聞こえない人のみが対象だったが、70~90dB以上の音が聴き取れる「高度難聴」の人のうち、補聴器を装用した状態で最高語音明瞭度(聴き取りの良さ)が50%以下の人も保険診療の対象となったのだ。

 2019年1月には日本コクレアがスマートフォンから流れる電話などの音声を直接ストリーミングできる人工内耳サウンドプロセッサ「Nucleus 7 サウンドプロセッサ」を発売した。従来の人工内耳では、電話の音声が雑音に混ざってしまい通話の聴き取りが難しかった。Nucleus 7では通話の音声をスマホから直接サウンドプロセッサに送信できるため、雑音環境でも明瞭に聴き取りやすくなるという。

人工内耳サウンドプロセッサ「Nucleus 7 サウンドプロセッサ」
クリックすると拡大した画像が開きます
頭皮を隔てて磁力で装着しているのが耳かけ型のサウンドプロセッサ
クリックすると拡大した画像が開きます

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング