米Keysight Technologies(キーサイト)は、5G(第5世代移動通信システム)と衛星通信の試験に向けて、マイクロ波ベクトル信号発生器「VXGシリーズ」を開発し、その第1弾として「M9384B VXG」と「M9383B VXG-m」の2製品を発表した(日本語ニュースリリース)。発生できる信号の周波数は最大44GHz、変調帯域は2GHz。1台の筐体で2つの信号出力を備える、デュアルチャネル器。同社によれば、マイクロ波信号発生器のデュアルチャネルは業界初だという。

今回の新製品。2製品がある。フロントパネルを備えた「M9384B VXG」(左)と、フロントパネルのない「M9383B VXG-m」(右)である。どちらも、複数のPXI Expressモジュールを組み合わせた構成をとる。Keysightのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 Keysightはこれまで5G NRのFR1(Frequency Range 1、6GHz未満)に向けたベクトル信号発生器として「MXGシリーズ」や「EXGシリーズ」を提供してきた。また、FR2(Frequency Range 2、24G~52GHz)向けには、信号発生器の「PSGシリーズ」と任意波形発生器「AWG」の組み合わせ、あるいはPXI Expressモジュールで構成した信号発生器「M9383A」を用意していた。日本法人のキーサイト・テクノロジーによれば、5Gの本格化にあたって、今回は既存製品よりも使い勝手の良い製品を投入したという。主に、基地局メーカーの開発や出荷試験、通信事業者での受け入れ試験での需要を見込む。

既存製品と新製品の位置づけ。Keysightのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら