トランザスと豊臣機工(本社愛知県安城市)は、トランザスのウエアラブル端末「Cygnus」(シグナス)を活用して生産ラインで発生した異常を管理するシステムを開発。2019年1月30日、自動車ボディー部品を製造する豊臣機工の本社工場に導入した。異常に関する情報を複数の管理者が共有でき、効率的な対応が可能になるという。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら