パソコンを使った定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を、画像認識や自然言語処理といったAI(人工知能)と連携させて自動化の範囲をさらに広げようとする動きが本格化している。RPAは一段階進化した格好だ。

RPAツールに連携するAI技術と見込める自動化の例
[画像のクリックで拡大表示]

 RPAツール「Kofax RPA(旧Kofax Kapow)」を手掛ける米コファックス(Kofax)の日本法人は2019年夏前をめどに、RPAツールで開発したソフトウエアのロボット(ソフトロボ)にAI技術の1つである自然言語処理機能を組み込めるようにする。

 また、英ブループリズム(Blue Prism)の日本法人は2018年11月、AI機能を提供するクラウドサービスとソフトロボを連携しやすくするソフト部品などを提供するマーケットプレイス「Blue Prism Digital Exchange(DX)」を開設した。米グーグル(Google)などがこぞって提供するAIクラウドサービスと連携することで、ソフトロボに画像認識や自然言語処理といったAI機能を簡単に組み込めるようにした。

 同じく2018年11月には、AI関連サービスを提供するブレインパッドがRPAツールベンダーのRPAテクノロジーズと共同で、AIとRPAを連携して活用できるようにするサービス「RPA×AI導入支援パッケージプラン」の提供を始めている。

OCR以外のAIをRPAと連携しやすく

 これまで、RPAと組み合わせて活用するAI技術として注目を集めていたのが「AI OCR(光学的文字認識)」だ。OCRによる文字の読み取りにAIを組み合わせて、請求書や注文書など、異なる書式の紙文書に書かれた内容を正確に読み取る。「紙文書の内容をパソコンに入力する」といった作業をRPAと組み合わせて自動化する用途が広がっている。

 コファックスやブループリズムなど各社の取り組みはOCR以外のAIも組み込みやすくする狙いだ。ブループリズムのダン・ターネスAsia Pacific Japan CTO(最高技術責任者)によると、企業がAIクラウドを業務システムと連携させようとすると、大掛かりな仕組みが必要になるという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら