帝人フロンティアは心拍数を計測するバイタルセンシングウエアと、体の動作をセンシングするモーションセンシングスーツを「第5回ウェアラブルEXPO(2019年1月16~18日、東京ビッグサイト)」で展示した。センシング用のウエアの一部分には、帝人が開発した直径700nmの超極細繊維「ナノフロント」を採用した。ウエアだけではなく、解析ソフトウエアやスマートフォン用アプリなども合わせて「MATOUS(マトウス)」ブランドとして展開する。ウエアやセンサー、解析システムは帝人グループ内で一体設計する。

 具体的には、バイタルセンシング向けの「MATOUS VS」と、モーションセンシング向けの「MATOUS MS」の2つがある(図1)。

図1 帝人フロンティアが展示したセンシングスーツ
心拍数と運動量を計測する「MATOUS VS」(左)と、動きを捉える「MATOUS MS」向けのセンシングスーツ(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 MATOUS VSは運動中の心拍数や運動量をリアルタイムに計測する。その特徴は激しく動く装着者の体を締め付けずに、正確な心拍数を測定できることだ。

 センサーの電極となる部分に導電性の繊維と滑り止め性能に優れるナノフロントを使った布地を用いることで、センシング位置のズレやセンシング中の振動を防止できる。これにより雑音を極小化できるため、高精度な計測が可能になるという(図2)。運動中の心拍数を測定できる従来のウエアラブル機器は、センサーの位置がずれることを防ぐために身体を強く締め付けるものが多かったという。

図2 新繊維でセンサーの位置ズレを防ぐ
写真の衣服中央の2カ所の長方形の部分は導電性の繊維とポリエステルのナノファイバー極細繊維「ナノフロント」を組み合わせた。ナノフロントは汗をかいてもズレにくく、体を強く締め付けずともセンサー位置を固定できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 MATOUS VSは無線通信に独自規格を採用することで、1つの基地局(アクセスポイント)に対して1000着のセンシングウエアの情報を同時に収集できる。「Bluetoothでは、1対1の通信しかできないために、独自規格の無線通信を採用した」(帝人フロンティア 技術・生産本部 技術開発部 イノベーション開発課 課長の安光玲氏)という。まずはサッカーなどのチームスポーツでの活用を想定する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら