パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社でエナジー担当兼エナジー事業担当CTO(最高技術責任者)を務める生駒宗久氏は2019年1月16日、展示会「オートモーティブワールド」のセミナーに登壇し、同社における車載用電池開発の取り組みについて語った()。その中で同氏は、電気自動車(EV)向けのリチウムイオン電池(LIB)セルの今後について、エネルギー密度で円筒形は約2倍、角型は3倍強を目指すことを明らかにした。出力密度については、ハイブリッド車(HEV)向けの角型セルで約2倍を目標として掲げる。

図 パナソニックのAIS社でエナジー担当兼エナジー事業担当CTOを務める生駒宗久氏
図 パナソニックのAIS社でエナジー担当兼エナジー事業担当CTOを務める生駒宗久氏
展示会「オートモーティブワールド」(2019年1月16~19日開催)のセミナーで撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、現状のEV用LIBセルのエネルギー密度を公表していない。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の調査によれば、米テスラ(Tesla)のEV「モデルS」(2017年モデル、搭載電池容量100kWh)に採用されている「18650」サイズの円筒形LIBセルのエネルギー密度は243Wh/kg。同「モデル3」(2017年モデル)に採用されている「2170」サイズの同セルの同密度は260Wh/kgとみられている。生駒氏は、EV用LIBセルのエネルギー密度は「2020年くらいまでは現行LIBの延長線上。それ以降は、新たな材料革新を投入していき、LIBの限界に挑戦することになる」と語った。そのポテンシャルは「2~3倍」としており、冒頭の目標値はそれを具体化したものとみられる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら