米Micron Technology(マイクロン)社は、同社と米Intel(インテル)社との合弁企業である米IM Flash Technologies社に関して、Intelが保有するIM Flashの株式を15億米ドル(約1644億円)で買収することを発表した(ニュースリリース1)。IM Flashは両社が共同で開発した相変化メモリー技術「3D XPoint」の半導体を製造する企業である。

米IM Flash Technologies社のホームページの一部。従業員募集のコーナー。(出所:同社のホームページ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の買収は、2018年10月に両社間で締結されたIM Flashの売買契約に基づく(ニュースリリース2)。この売買契約では、MicronがIM FlashのIntel持ち株を15億米ドルで2019年1月1日以降に買収する権利が設けられている。Micronがその権利を行使するか否かは留保となっていたが、今回、これが行使された形になる。Micronには、この権利を行使すると発表してから6~12か月以内に取引を完了する義務が生じる。

 Micronは、今回の買収が非GAAPベースの業績に与える影響は大きくはなく、2019年度やさらに長期の投資計画に変更はないとしている。また、2018年11月29日時点で約10億米ドルあったIM Flashに対する負債が、今回の買収により同社のバランスシートから抹消されるという。

 一方Intelは、今回の買収はIntelの計画に織り込み済みであり、さらに今後も1年間以上にわたりOptane製品を提供するための製造オプションを確保している、と声明を出した(ニュースリリース3)。Optaneは、3D XPoint技術を使った不揮発性メモリー製品のIntelのブランドである。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら