相次ぐ個人情報の漏洩事件。企業や組織によっては、個人情報を漏洩されたユーザーに対して補償金を支払っている。そこで情報処理推進機構(IPA)は一般のユーザー1万人を対象に、個人情報を漏洩された場合の妥当な補償額を尋ねた。果たして、その金額はいくらだったのだろうか。

セキュリティー意識を定点観測

 IPAは毎年、パソコンおよびスマートフォンなどのスマートデバイスの利用者が、情報セキュリティーに関する知識をどの程度持っているのか、どのような対策を実施しているのかなどを把握するために、情報セキュリティーに対する意識調査を実施している。その結果を、IPAが実施する情報セキュリティーの普及啓発活動に役立てるという。

 調査対象は、13歳以上のパソコン利用者5000人とスマートデバイス利用者5000人。利用しているパソコンやスマートデバイスの種類、インターネットの利用目的や利用時間、情報セキュリティーに関する用語の理解度、セキュリティー対策状況などを尋ねている。

 17回目となる2018年度の調査では、自分の個人情報が漏洩した場合に、その補償として妥当と考える(おわびとして納得できる)金額を初めて尋ねた。調査期間は2018年9月下旬から10月上旬。

 パソコン利用者とスマートデバイス利用者の結果はそれぞれ次の通り。両者とも傾向はほぼ同じだった。

妥当と考える補償額(パソコン利用者)
有効回答数は5000。数字は妥当だと考えた回答者の割合。割合が最も多かった回答が緑、2番目に多かったものが黄色
0円(補償不要)1~300円301~500円501~1000円1001~3000円3001~5000円5001~1万円1万1~3万円3万1~5万円5万1円以上
サービス利用に必要なIDと暗号化されているパスワード29.73.73.25.86.34.37.17.73.029.3
サービス利用に必要なIDと暗号化されていないパスワード31.34.03.75.86.34.47.07.73.426.4
メールアドレス31.24.43.86.76.95.17.66.93.224.2
クレジットカード情報22.23.02.03.53.63.06.06.33.646.8
パスポートの情報26.32.92.23.23.73.05.46.83.742.8
氏名と住所や電話番号などの連絡先25.43.42.54.14.73.77.17.64.037.5
氏名と生年月日や血液型などの個人に関する情報27.13.42.74.15.64.17.66.74.334.4
趣味や嗜好に関する情報(登録したプロフィル情報や閲覧・購入履歴など)32.93.63.55.86.85.07.97.33.423.8
学歴または職歴35.83.73.45.96.65.46.66.73.622.4
既往歴や健康診断結果などの情報31.23.33.35.15.65.26.57.14.228.7

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら