バーチャルキャスト(札幌市中央区)は、同社を含めた全13社の賛同企業が発起人となる「VRM CONSORTIUM」を設立すると発表した。オブザーバーとして任天堂が参加する。2018年12月20日に開いた記者発表会で概要を明らかにした。

 VRM CONSORTIUMは、人型アバターとして利用する3Dモデル向けのファイル形式「VRM」の策定と普及を目的とする。会員には、主に3Dモデルやコンテンツの知的財産(IP)を取り扱う関連事業者を対象とし、2019年2月設立に向けて参加会員を募っていく。バーチャルキャストCOO(最高執行責任者)の石井洋平氏は「日本発の国際標準化規格として世界に広げていきたい」と意気込みを語った。

VRM CONSORTIUMの設立を発表したバーチャルキャストCOO(最高執行責任者)の石井洋平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 VRMとは、複数存在する既存の3Dファイル形式で座標系や初期姿勢が統一されておらず、製作者や利用者の間で円滑にデータをやり取りできない現状を改善するために、2018年4月にドワンゴが公開した3Dファイル形式(関連記事)。米クロノス(Khronos Group)が仕様策定した3Dファイル形式「glTF 2.0」に準拠して機能拡張している。

 VRM CONSORTIUMでは、具体的に3つのミッションを挙げた。第1に「統一規格と技術仕様の検討」である。標準化に向けた技術仕様や、権利保護のための技術的手法を検討する。第2に「権利保護手段の検討」である。3DモデルにおけるコンテンツIPやその著作権管理について検討し、アバターに対する人格などVRMで新たに定義される権利について定義や法的根拠を検討する。第3に「標準化の推進」である。ドキュメント化と情報発信のほか、VRMを活用した新たな市場環境を構築しながら、海外の代表的な組織に働きかけて主要サービスのVRM対応を推進していく。

 VRM CONSORTIUMの設立にあたり、Khronos GroupのPresidentのNeil Trevett氏は「インターネット上の仮想世界で、洗練されたアバターを作ったり、表示したり、共有したりするには、オープンな規格が必要不可欠となる。VRM CONSORTIUMと密接に協働していく」とコメントを発表した。

発起人となる13社で、VRM活用事例などを紹介した登壇者ら
手前側左から、ドワンゴ清水俊博氏、S-court川崎大和氏、IVR大鶴尚之氏、エクシヴィ近藤義仁氏、DUO塚本大地氏、バーチャルキャスト岩城進之介氏。奥側左から、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン田村幸一氏、SHOWROOM近藤善洋氏、クラスター加藤直人氏、ミラティブ夏澄彦氏、Wright Flyer Live Entertainment渡邊匡志氏、クリプトン・フューチャー・メディア熊谷友介氏、ピクシブ清水智雄氏。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら