電動化の波が「海」のモビリティー(移動手段)にも押し寄せている。米国シアトルのスタートアップ(新興企業)であるピュア・ウォータークラフト(Pure Watercraft)は、「プレジャーボート」や「レクリエーションボート」と呼ばれる小型船舶に向けた、電動の船外機(推進システム)を2019年1月に出荷を始める。従来の内燃機関を用いた船外機に比べて、非常に静かな上、小型・軽量、寿命が長い、メンテナンスが容易、効率が高いといった利点をうたう。

 こうした特徴の中でも、静音性を大きな特徴にうたう。実際記者がPure Watercraftの電動船外機を取り付けた数人乗りの小型ボートに乗ったところ、普通に会話を続けることができるくらい静かだった。従来の船外機を載せたボートで会話するには、声を張り上げる必要があった。

Pure Watercraftの本社のそばにある湖。この湖に、同社の船外機を取り付けたボートが係留してある(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
記者が乗った、電動船外機を搭載した数人乗りのボート。写真中央にある黒い物体が船外機(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら