伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロ)社は、埋め込み相変化メモリー(embedded Phase-Change Memory:ePCM)を集積した車載マイコンを開発し、主要顧客向けにサンプル出荷を始めた(ニュースリリース)。ePCMを集積した半導体製品は「世界で初めて」だという。

車載マイコンの応用先(左)と典型的なチップレイアウト。STMicroとCEA-LETIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
ePCM(左)とロジック/SRAM(右)の基本構造。STMicroとCEA-LETIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、ePCM集積マイコンが車載要件に適合しているかどうかの試験や、総合的な信頼性評価を行っている。こうした試験や評価を2020年までに完了することを目指しており、2020年には量産を開始するという。このマイコンの応用先として、STMicroはパワートレーンや、セキュアーゲートウエー、ADASシステム、電動化システムなどを挙げる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら