航空機用エンジンの大手メーカー英ロールス・ロイス ホールディングス(Rolls-Royce Holdings)が、電動推進系の研究開発に舵を切っている。2018年11月8~9日にドイツ・ケルンで開催された電動航空機のイベント「Electric & Hybrid Aerospace Technology Symposium 2018」では、同社 Director of Rolls-Royce ElectricalのRob Watson氏が登壇し、電動推進系の研究開発状況について講演した。

 モーターでファンを駆動する電動推進系の性能が向上して普及すれば、ロールス・ロイスにとって既存のビジネスを奪う「破壊的イノベーション」になる。それに備え、研究開発に注力しているわけだ。

Rolls-Royce HoldingsのWatson氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら