「次世代プロセッサー『PEZY-SC3』の設計はほぼ完成している。テストチップを経て、2019年中には量産チップを作りたい」。PEZY Computingグループ ExaScalerの鳥居淳取締役CTO(最高技術責任者)は意欲を見せる。

 2017年12月に創業者が逮捕されてから約1年。PEZYグループは今もスーパーコンピューター(スパコン)技術の開発を継続。スパコン省エネ性能で世界首位をキープしている。

 この1年、同社の研究助成金不正に絡んで様々な動きがあった。東京地方裁判所は2018年9月20日、不正に伴う法人税法違反などでPEZY Computingに罰金6000万円の判決を言い渡した。同年10月には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が不正事案の調査報告書を公開した。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)に設置していたスパコン「Gyoukou(暁光)」は、2018年6月に撤去が完了した。引き取り手は見つからず、筐体は今も倉庫に置かれたままだ。

 2019年4月以降、理化学研究所(理研)の「京」が次世代機の準備に伴い運用を停止する。「暁光が国内のHPCパワーに貢献できないのは悔しい限りだ」と鳥居CTOは話す。PEZYグループは引き続き、受け入れ機関を探す考えだ。「暁光全体のピーク消費電力は1.8メガワット。2.5メガワットの受電設備があれば設置できる」(鳥居CTO)という。

3期連続で首位獲得

 現在稼働中のPEZYグループ製スパコンで最大規模のシステムは、理研に設置した液浸冷却スパコン「Shoubu(菖蒲) system B」である。2018年11月に公表されたスパコン省エネ性能ランキング「Green500」で、Shoubu system Bは3期連続で首位を獲得した。電力効率は17.604ギガFLOPS/Wで、米IBMと米エヌビディア(NVIDIA)が開発した新鋭機「Summit」より2割近く高い。

 同社はGreen500参加の前提である「TOP500のランキングに入ること」を確実にするため、ノード数を50から60に増やしたほか、1CPU当たりのメモリーを32ギガバイトから64ギガバイトに増設。これにより、ピーク演算性能を従来より2割以上高い1063.3テラFLOPSとした。2018年11月のTOP500ランキングで375位である。

 さらにPEZYグループは、今回のGreen500で消費電力の計測方式を変えた。消費電力の計測箇所を計算ノード周辺(Level1計測)から、冷却用ポンプや直流変換設備も含む範囲(Level3計測)に広げた。「PEZYの計測方式は冷却設備を含まず、非省エネのスパコンが上位になり得る欠点がある」との批判に応えたものだ。

Green500が定める「Level1計測」に基づくShoubu system Bの電力測定の範囲
(出所:PEZYグループ)
[画像のクリックで拡大表示]
Green500が定める「Level3計測」におけるShoubu system Bの電力測定の範囲。施設共有型の冷却装置は計測範囲に含まれない
(出所:PEZYグループ)
[画像のクリックで拡大表示]
電力計測の様子
(出所:PEZYグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら