トヨタ自動車が採用する次期パワー半導体の「主役」が変わる。「プリウス」や「アクア」といったトヨタブランドの電動車両において、インバーターや昇圧コンバーターに用いるパワー半導体素子(以下、パワー素子)は、2020年ごろから、現行のSi(シリコン)製IGBTから低損失なSiCパワー素子に段階的に切り替わるとみられていた。トヨタは、2014年前後から「プリウス」や「カムリ」のハイブリッド車(HEV)をベースにした試作車に、SiCパワー素子を搭載して走行試験や公道実験を繰り返すなど、SiCに対する積極的な姿勢を見せていたからだ(関連記事)。

 ところが、日経 xTECH/日経エレクトロニクスの調べで、SiCの採用は見送られ、代わりに新型IGBTが搭載されることが分かった。早ければ、2019年のトヨタブランドの電動車両から、この新型IGBTが採用される見込みである。

「カムリ」のHEVをベースにした、SiCパワー素子搭載の試作車。公道実験に用いた(画像:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら