「空飛ぶクルマの実現には、包括的なシステムデザインが必須」――。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授で、空飛ぶクルマ研究ラボ代表の中野冠氏はこう訴えた。同氏は、航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)と併催した「空飛ぶクルマ・シンポジウム」で講演し、空飛ぶクルマの課題について語った。

 中野氏は「日本企業は要素技術に強いが、新しい事業やシステムを企画することは不得手」とし、「空飛ぶクルマは技術開発ありきではなく、社会、経済、技術など多角的なアプローチで、システム全体を最適化し、持続可能なものにしていく必要がある」と話した。空飛ぶクルマ実現に向けた課題を、市場開拓、機体技術開発、インフラ整備の3つの要素に分けて説明した。

慶応義塾大学大学院SDM研究科 教授の中野氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
空飛ぶクルマラボの研究内容(図:中野氏のスライド)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら