印刷方式の有機ELディスプレーを開発・製造するJOLED(本社:東京都千代田区)が、最新の開発品や製品を「第28回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテックジャパン)」(2018年12月5~7日、幕張メッセ)で披露した。展示したのは、車載ディスプレーやeスポーツ向けモニターなど8種類。

 JOLEDが国内の展示会に出展するのは初めて。そこで、「ラインアップをブースにずらりと並べることで、印刷有機ELの認知を狙った」(同社)という。さらに、印刷有機ELの可能性を示すために、「応用や利用シーンを想定した展示を行った」(同社)とする。

 以降では、写真を中心に、8種類の印刷有機ELの展示内容を紹介する。

1. 車載ディスプレー

車載ディスプレー(試作品)
[画像のクリックで拡大表示]

 12.3型HDパネル3枚と、12.2型フルHDのフレキシブルパネル1枚を使い、コックピットの形にして展示した。車載は、JOLEDが強く期待する応用である。「高い視認性と高速応答という特徴を持つ有機ELは、運転中の情報確認を容易にする」(同社)という。また、今回の展示ではフレキシブルパネルを使うことで、「曲線を描くディスプレーが先進の車内空間を演出する」(同社)というアピールを行った。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら