日産自動車は2018年12月7日、新たに完成検査における不正が見つかったと発表した。この不正を受けて2018年12月13日、約15万台のリコールを国土交通省に届け出る。検査不正の発覚は2017年9月に始まり、今回で4回目。同社は既に実施している再発防止策に加えて、検査ラインに新たにカメラを設置するなど再発防止策の強化を図る。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら