2019年から新型車のすべてにプラグインハイブリッド車(PHEV)または電気自動車(EV)を用意する――。電動化に本腰を入れたフランス・グループPSA(Group PSA)は、PHEVのパワートレーン部品をアイシン・エィ・ダブリュ(AW)から調達することを決めた。

図1 アイシンAWが開発したFF車用の1モーター式PHEV部品
[画像のクリックで拡大表示]

 アイシンAWがGroup PSAに供給するのが、前部エンジン・前輪駆動(FF)車用の1モーター式PHEV部品である(図1)。既存の8速自動変速機(AT)からトルクコンバーターをなくし、モーターとクラッチに置き換えたものだ。アイシンAWは2018年度内に量産を始め、Group PSAは同部品を搭載した車両を2019年から4車種以上投入する。

 搭載第1弾となるPHEVは、Group PSAの高級車ブランドであるDSオートモビルズ(DS Automobiles)のSUV(多目的スポーツ車)「DS7 Crossback E-Tense 4×4」である(図2)。排気量1.6Lの直列4気筒エンジンと組み合わせる。アイシンAW製のモーター内蔵8速ATに加えて、後輪にもモーターを配置した。モーターの最高出力は前後輪共に80kW。

図2 DS AutomobilesのSUV「DS7 Crossback E-Tense 4×4」(出所:PSA)
[画像のクリックで拡大表示]

 容量13.2kWhのリチウムイオン電池を後席下に配置する。EVとして走行できる距離は、WLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)モードで50km。燃費は45.5km/L(WLTPモード)で、CO2排出量は50g/km以下(WLTPモード)である。同じ1.6Lエンジンを使うDS7 Crossbackのガソリン仕様車の燃費は16.9km/L(NEDCモード)でCO2排出量は134g/kmと、PHEV化によって燃費・排ガス性能を大幅に改善できたといえる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら