伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)社は、「Arm Cortex-M0+」ベースの新たなMCU「STM32G0シリーズ」を発表した(日本語ニュースリリース)。シリーズとしてさまざまな機器へ応用できる製品を標ぼうしており、例えば、8~100ピンと幅広いパッケージを用意している。

Arm Cortex-Mコア搭載MCU「STM32ファミリー」における新製品「STM32G0シリーズ」の位置づけ。赤矢印の先が同シリーズ。STMicroelectronicsの図
[画像のクリックで拡大表示]

 Cortex-M0+は、Cortex-M0と共に、英Arm社のMシリーズのCPUコアの中ではローエンド製品に位置付けられる。複数の半導体メーカーがM0+やM0をベースにしたエントリーレベルのMCUを提供している。STMicroelectronicsはCortex-M0+ベースのMCUとして「STM32 L0シリーズ」(動作周波数は32MHz)を、Cortex-M0ベースのMCUとして「STM32 F0シリーズ」(同48MHz)を持つ。前者は低消費電力をウリモノにし、後者は低価格をウリモノにする(関連記事)。処理性能はF0シリーズ(106CoreMark、38DMIPS)の方がL0シリーズ(75CoreMark、26DMIPS)よりも高い。

 今回のG0シリーズはこれら2シリーズよりも高速(64MHz)に動作させることで、高い性能を実現した。142CoreMark、59DMIPSである。「市場にある他のエントリーレベルMCUと比較して高速処理が可能。さらに、クロック設定が柔軟に行えるため、限られた消費電力で最適な性能を確保できる」(同社)という。消費電力が低いことも新製品の特徴だとする。例えば、動作時の消費電流は100µA/MHz未満。消費電力の削減と電池の長寿命化を実現するという省電力動作モードを複数備える。STOPモードでは消費電流は3μ~8μA。STANDBYモードでは500nA(いずれもリアルタイムクロック実行中の+3.0V、+25°C動作時)。

 新製品は消費電力に制約があるにも関わらず、高い性能が求められる機器に向くとする。具体的には、スマートフォンや、スマート家電、空調システム、民生/産業機器用モーター制御、IoT機器、充電型ネットワーク接続機器、ドローン、照明システムなどを挙げる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら