LINEが2020年に開業する予定の新銀行を巡って、ITベンダーの間で勘定系システムの争奪戦が勃発している。新銀行に出資するみずほフィナンシャルグループ(FG)の思惑も絡み、一筋縄ではいきそうにない。異業種の金融サービス参入によってリテール向けのモバイル専業銀行は増えるとみられ、今後拡大する商戦の行方を占う試金石にもなりそうだ。

 「まずは情報収集を急いでいる。みずほが新銀行のシステムにどこまで関与するのかを含めて見極めないといけない」。国内の大手ITベンダー幹部はLINEとみずほFGによる新銀行設立の一報を聞いて身構える。

 LINEは2018年11月27日、みずほFGと組んで銀行業に参入すると発表した。両社は2019年春に準備会社を設け、2020年に新銀行の開業を目指す。準備会社への出資比率はLINE子会社が51%、みずほ銀行が49%である。

 新銀行はリテール向けのモバイル専業銀行として、スマートフォンを活用して少額の送金や融資サービスなどを提供するとみられる。LINEの出沢剛社長は「銀行のサービスは改善の余地が大きい分野。当社らしい挑戦ができる」と意気込む。

LINEの出沢剛社長(左)とみずほフィナンシャルグループの岡部俊胤副社長
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら