航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)の併設セミナーで、「ボーイングが創立100年の後に考える未来の空の旅」と題し、Boeing Commercial Airplanes、Director、Product Strategy and Future Airplane DevelopmentのJoseph M Keegan氏が登壇し、同社の現状と将来の取り組みについて講演した。講演では、「エアタクシー」などの新しい空のモビリティーや、航空分野におけるAI技術の重要性などを説いた。なお、講演の撮影は報道機関を含めて禁止だった。

 日本でのイベントということで、講演ではまず日本の状況を振り返った。現在、150社ほどの日本企業によるサプライチェーンがあるという。現在は最終組み立てまで日本で行っている機体もあり、日本がBoeing(ボーイング)にとって重要なパートナーだということを強調した。市場としても大きく、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)といった日本の航空会社は、累計で1000機以上の旅客機をボーイングから購入したとする。

 次に、「ワイドボディ」と呼ばれる双通路の787型機や777型機の状況について語った。787型機はこれまで55の航空事業者に対して700機ほどが納入されたという。既に2億5500万人の乗客を運んだ実績がある。

787型機の「787-10」(写真:Boeing)
[画像のクリックで拡大表示]

 777型機に関しては、最新機種の「777X」を紹介。777Xは2020年の就航が予定されている機体で、2018年中にアセンブリが終了し、2019年から飛行試験が始まる。競合の機体に比べて、約12%の燃費改善を実現したという。全長は約77m(「777」-9Xの場合)と、これまでの旅客機の中で最長とする。

777X(写真:Boeing)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら