デンソーは、「電子ミラー」用のECU(電子制御ユニット)を開発した。トヨタ自動車が2018年10月に発売した「レクサスES」への採用を勝ち取っている(図1)。サラウンドビューカメラ(360度カメラ)用ECUの部品や技術を流用することで、短期間で開発できた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 電子ミラーを量産車で初めて採用したトヨタの「レクサスES」

 電子ミラーは、後写鏡(ドアミラーやルームミラー)の代わりにカメラとディスプレーで周囲を確認する技術である。レクサスESは、世界で初めてドアミラーを“電子化”した量産車だ。トヨタの今泉一仁氏(Lexus International製品企画主幹)によると、「レクサスES向けの開発が始まったのは2016年後半で、約1年半で量産にこぎつけた」という。

 自動車向けの新技術は2~3年の時間をかけて量産化するのが一般的で、わずか1年半で仕上げた今回の電子ミラーは異例と言える。電子ミラー用ECUの開発を担当したデンソーの野々山祐次氏(AD&ADAS技術4部第3技術室技術1課長)は、「ものすごくタイトな日程の中で、『世界初』の実現に向けて急ピッチで開発を進めた」と振り返る。

 開発期間を短縮するためにデンソーが採ったのが、「サラウンドビューカメラ用ECUのノウハウを積極的に活用すること」(野々山氏)だった。カメラのレンズや画角の違いはあるのもの、カメラで撮影した映像をディスプレーに表示するという機能自体は、電子ミラーとサラウンドビューカメラで共通する。象徴的なのが画像認識SoCで、ルネサスエレクトロニクス製の「R-Car V2H」で同じだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら