夜間の歩行者を対象にした自動ブレーキ試験で、イスラエル・モービルアイ(Mobileye)の牙城が崩れた。同社の画像処理チップ「EyeQ3」を単眼カメラに使うシステムは、昼間の歩行者を対象にした自動ブレーキ試験では圧倒的な強さを見せていた(関連記事)。

 これに対して夜間の歩行者を対象にした試験では、トヨタ自動車やホンダ、スズキなどのEyeQ3を使わないシステムの結果が、EyeQ3を使うシステムを上回った。

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が2018年11月29日に発表した「自動車アセスメント(JNCAP)」の予防安全性能の試験結果によると、夜間の歩行者を対象にした2018年度上期の自動ブレーキ試験で、トヨタのハッチバック車「カローラスポーツ」とホンダの軽ワゴン「N-VAN」が最高点を獲得して1位となった()。

表 夜間歩行者対応の自動ブレーキ試験の結果(2018年度上期)
順位車種名(メーカー名)点数(40点満点)システム名センサーサプライヤー
1カローラ スポーツ(トヨタ)40Toyota Safety Sense(第2世代)単眼カメラ、ミリ波レーダーデンソー
1N-VAN(ホンダ)40Honda SENSING単眼カメラ、ミリ波レーダードイツBosch
3ソリオ(スズキ)39.6スズキセーフティサポートステレオカメラ日立オートモティブ
4フォレスター(スバル)37.8アイサイトver.3ステレオカメラ日立オートモティブ
5アテンザ(マツダ)28.3i-ACTIVSENSE単眼カメラ、ミリ波レーダーカナダMagna
6ekスペース(三菱自動車)19.3e-Assist単眼カメラドイツZF

 3位はスズキの小型の背高ワゴン「ソリオ」、4位はSUBARU(スバル)の中型SUV(多目的スポーツ車)「フォレスター」である。1位から4位まではいずれも、EyeQ3を使わないシステムを搭載する。EyeQ3を使う単眼カメラを搭載する車種の最高位は、5位に入ったマツダのセダン/ステーションワゴン「アテンザ」だった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら