いすゞ自動車は、2018年10月に発売した小型トラック「エルフ」に、日立オートモティブシステムズ製のステレオカメラを使った自動ブレーキシステムを採用した(図1)。ステレオカメラを搭載したトラックは初めて。体格が小さい子供を昼夜問わずに検出できるようにして、安全性を向上した。

図1 いすゞが小型トラック「エルフ」に搭載した日立オートモティブシステムズ製のステレオカメラ
[画像のクリックで拡大表示]

 「小型トラックは住宅街まで入り込むため、子供を危険にさらす可能性がある。対人の検出性能が高いステレオカメラが最適だと考えた」――。いすゞ執行役員で開発部門を統括する奥山理志氏はこう話す(関連記事:“つながる”技術で稼働率向上、いすゞが小型トラック「エルフ」に適用)。

 ステレオカメラは人間の目と近い原理で機能する。左右のカメラで対象物を異なる方向から同時に撮影。見え方のずれ(視差)を使って立体的にとらえる。複数の人間が重なっているように見える場合でも、それぞれを人間だと判別しやすい強みがある。

 いすゞが採用した日立オートモティブ製ステレオカメラの検出距離は前方約100m。実際の走行中には前方50~60mの障害物を検出してブレーキを制御する。カメラの画素数は100万~130万画素とみられる。

 自動ブレーキの機能は、自車速度が約10km/h以上で走行中に、先行車両との相対速度が約50km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が約50km/hを超える場合は衝突被害を軽減する。歩行者の場合は、自車速度が30km/h以内のときに衝突を回避できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら