米Advanced Micro Devices(AMD)社は、米国サンフランシスコで「Next Horizon」と題した発表会を2018年11月6日に開催し、データセンター向けに7nmプロセスで製造する次世代MPUとGPUのデモンストレーションを公開した(ニュースリリース)。

次世代EPYC(開発コード名:Rome)の概要。AMDのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 発表されたMPUは開発中のCPUコア「Zen 2」を集積した次世代の「EPYC」(開発コード名はRome)。一方、GPUは「Radeon Instinct MI50/60」で、こちらは現在サンプル出荷中である。どちらも、台湾TSMCの7nmプロセス(N7)を利用しで製造する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら