衛星測位システム「みちびき(準天頂衛星システム)」の本格運用が始まった。話題になっている半面、サービスの中身はあまり認識されていない。日本版GPSと呼ばれるみちびきによって、どんな恩恵を得られるのか。

 みちびきは位置情報を取得する測位に使う衛星システムだ。現在は1~4号機の4機が打ち上げられている。これまで試験的に提供されてきた測位サービスは、2018年11月1日に正式サービスとして運用を開始した。

準天頂衛星「みちびき」
(出所:qzss.co.jp)
[画像のクリックで拡大表示]

高精度測位が正式サービスに

 平井卓也内閣府特命担当大臣(宇宙政策)は11月1日、サービス開始記念式典後に記者団に対し「準天頂衛星(みちびき)がもたらす場所と時間が生活の基盤となりインフラになることを、皆が今後感じていくことになるだろう」とコメントした。

 みちびきが提供するサービスによって、どのようなレベルの測位が可能になるのか。試験提供から正式提供に切り替わった主なサービスは以下の通りだ。大きく3つのサービスに分類できる。

「みちびき」が提供する正式サービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 1つ目の「衛星測位サービス」は、米国のGPS衛星を使用して測位する際に、衛星の1機としてみちびきを使えるというもの。GPSによる測位は、複数あるGPS衛星のうち4機が見えている必要があるが、常に日本から見えやすい位置にあるとは限らない。これに対してみちびきは、「準天頂」と呼ぶ軌道をたどることで、常に1機が日本の上空に見えるようになっている。

 GPS測位にみちびきの信号を使えるスマートフォンやカーナビゲーションなどのデバイスも着実に増えている。既にiPhone 7/7 plus以降の全モデルは、GPS測位でみちびきの信号を利用できる。主要メーカーの最新の車載用ナビゲーションも同様だ。

 2つ目の「測位補強サービス」は、サブメータ級測位補強サービス(SLAS)とセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)からなる。ともにGPSによる測位精度を向上させるサービスだ。GPSでは数メートルの誤差が出ることがよくあるのに対して、みちびきによるSLASは1メートル以下(水平方向の場合)、CLASに至ってはセンチメートルレベルの誤差で位置情報を取得できる。圧倒的な測位精度こそが、みちびき最大の特長だといえる。

 測位サービスと同時に「メッセージサービス」も本サービスとなった。これが3つ目のサービスだ。メッセージサービスとして、衛星安否確認サービスと災害・危機管理通報サービスが提供されている。前者は災害時における避難所の位置や開設の情報、避難者数などを防災機関に伝達するために使う。後者は地震や津波などの災害情報を送信するためのものである。この他、みちびきを使って技術実証を行うためのサービスも提供開始した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら