「新型iPad ProがUSB-C(Type-C)コネクターを採用したのは正直驚いた」(USBに詳しいある電子部品メーカーの社員)――。米Apple(アップル)が2018年10月30日(現地時間)に発表したタブレット端末「iPad Pro」の新機種のことだ(関連記事)。従来機に比べてさまざまな性能向上や変更点がある中で、機器間インターフェース業界で注目を集めたのが、コネクターを従来の「Lightning(ライトニング)」からUSB Type-Cに変更したことである。

 多くのAndroid端末(スマートフォンやタブレット端末)がType-Cコネクターを採用する中で、アップルはパソコンにはType-Cコネクターを採用していたものの、iPhoneシリーズやiPadシリーズといったiOS端末では、かたくなに独自のLightningコネクターを搭載し続けていた。2018年9月に発表されたiPhoneシリーズの新機種でも、Lightningコネクターを採用している。そんな中、その翌月に発表されたiPad Proの新機種ではいともあっさりとType-Cコネクターを採用したのである。

iPad Proの新機種(写真:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら