「ひたちBRTの自動運転バスは他とは違う。実装の最先端をいく」

 茨城県日立市のバス路線である「ひたちBRT」の自動運転について、産業技術総合研究所(産総研)の加藤晋首席研究員はこう力を込めた。産総研と日立市は2018年10月19日から28日にかけて、同市内で自動運転バス運行の実証実験をした。他の実証実験と違うのは自動運転だけでなく、周辺の施設を含めてサービスとしての交通手段を提供するMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)を実証した点だ。

ひたちBRTの専用道区間を走るSBドライブ・先進モビリティの自動運転バス
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転の区間はJR東日本の大甕(おおみか)駅から日立市の道の駅「日立おさかなセンター」までの3.2キロメートルの区間である。1日8便程度運行し、一般モニターを含む乗客を乗せた。自動運転技術を供与したのはソフトバンクグループのSBドライブと、ベンチャー企業の先進モビリティ(東京・目黒)。2社が共同開発した小型バス「日野ポンチョ」の改造車を使った。

 2社が共同開発した自動運転バスの実証実験は2018年だけでも東京都大田区や岡山県赤磐市、神奈川県藤沢市など各所で実施された。今回はバス専用道を使う日本初の実証実験である点が異なる。3.2キロメートルのうち、1.3キロメートルは専用道を走り、残りは一般道を走る。

運転手がハンドルから手を離している様子
[画像のクリックで拡大表示]

 日立市は、旧日立電鉄線の廃線跡地をバス専用道として整備し、2013年にバス路線のひたちBRTを開通させた。ひたちBRTの普段の運行は、みちのりホールディングス傘下の日立電鉄交通サービスが担当している。自動運転バスにも同社の運転手が同乗する。

 一般道区間では、路上駐車が進路を妨害したり、歩行者が飛び出してきたりしたときは、運転手が手動で操作する。一方で、専用道区間は他の車両や歩行者が入り込まない。この区間は、運転手が介入せず運転操作をコンピューターに任せる「レベル4」相当の自動運転で走る。

 ただし、専用道で自動運転バスを走らせるだけなら、技術的なハードルは低い。係員を乗せない完全無人運転を実現するには複数の課題が残る。無人運転バスの社会実装を目指して、運転技術以外の課題の解決を図るのが今回の目的である。

バス停のQRコードで料金収受

 まず、料金の収受がある。ワンマンバスでは運転手が料金を収受するが、無人運転ではそのための人がいない。ひたちBRTの通常運行バスではIC乗車券を導入しており、運転手がタッチの有無を監視しているが、無人ではそれができない。

 ひたちBRTの自動運転バスは、乗車時にスマートフォン上の電子チケットを取得する仕組みを取り入れた。システムはジョルダンが開発した。

電子ペーパーディスプレーを内蔵するひたちBRTのバス停
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら