2020年の第5世代移動通信システム(5G)開始に向け、国内の通信事業者各社による神経戦が本格化している。総務省は2019年3月末までに5G向けの新たな周波数帯の割り当てを決める方針だ。

 それに先駆け、総務省は2018年8~10月に「第5世代移動通信システムの利用に係る調査(以下、5G調査)」と公開ヒアリングを実施した。公表結果を見ると、周波数帯の割り当てに関する通信各社の要望や、通信会社が想定している利用プランの状況が浮かび上がる。

(出所:123RF)

 5G向けの新たな周波数帯として現時点で候補に挙がっているのは3種類ある。(1)「3.7GHz帯」と呼ばれる3600M~4200MHzの600MHz幅、(2)「4.5GHz帯」と呼ばれる4400M~4900MHzの500MHz幅、(3)「28GHz帯」と呼ばれる27.5G~29.5GHzの2GHz幅――である。

 このうち(1)の3.7GHz帯と(2)の4.5GHz帯について、総務省は「周波数再編アクションプラン(平成29年11月改訂版)」などにおいてそれぞれ「最大500MHz幅を確保することを目指す」としている。また(3)の28GHz帯については、隣接する27G~27.5GHzの500MHz幅も5G向けに活用できないかと検討している。

楽天はしたたかに新規参入の優遇求める

 これらの帯域について「5G調査」では、全国サービスを展開する通信事業者としては4社が利用希望を出した。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークである。

 このほか5G調査では、各地のケーブルテレビ会社を中心とする22社が、地域限定で5Gの周波数帯の利用を希望する旨を回答した。主に契約世帯向けに高速のネット接続回線を提供するほか、ラストワンマイルの引き込み回線を5Gに置き換える用途を想定している。

 利用希望の周波数帯についてドコモとKDDIはほぼ横並びの希望を出した。具体的には、3.7GHz帯と4.5GHz帯で各100MHz幅単位、28GHz帯で400MHz幅単位を基本とする割り当てを希望した。ソフトバンクも28GHz帯について「300MHz~400MHz幅」としているほかはほぼ同じ。

4社の5G利用に関するヒアリング結果(抜粋)
(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、楽天モバイルネットワークは3.7GHz帯と4.5GHz帯は3社と同様に100MHz幅を希望したが、28GHz帯は「800MHz幅の帯域幅を希望」と表明している。これは「28GHz帯で希望通りに800MHz幅の周波数帯の割り当てを受けられれば、10Gbpsのサービスを実現できる」(同社の山田善久社長)戦略が背景にあると説明している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら