パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部の新潟工場が、エコソリューションズ社におけるスマートファクトリー化のモデル工場として、ロボットやIoT(Internet of Things)、人工知能(AI)を活用した生産改革を進めている(図1)。2016年から本格化した取り組みの成果は既に表れており、「2017年度の生産効率は、2016年度比で2割向上した」(新潟工場工場長の森川誠氏)という。

図1 パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部の新潟工場
主にBtoB向けの照明器具を生産する。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら