自動運転やスマートシティーなど多様な分野での活用に期待が集まる第5世代移動通信システム(5G)。高速かつ大容量通信、低遅延、低消費電力といった5Gのスペックは、eスポーツを始めとするゲームエンターテインメント分野でも注目されている。

 5Gがゲームに与える影響について、「5Gでゲームはどう面白くなるか?」と題するセッションが「東京ゲームショウ2018」(幕張メッセ、2018年9月20~23日)で開かれた。登壇したのは、NTTドコモ コンシューマビジネス推進部 ゲームビジネス担当の森永宏二氏、スクウェア・エニックス テクノロジー推進部 リードAIリサーチャーの三宅陽一郎氏、評論家/編集者の中川大地氏。ビットメディア 代表取締役社長の高野雅晴氏がモデレーターを務めた。

5Gが実現するゲームの未来を語るセッションの登壇者。左から、NTTドコモの森永宏二氏、スクウェア・エニックスの三宅陽一郎氏、評論家/編集者の中川大地氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームで5G環境を利用するメリットの一つが、eスポーツ系のオンラインゲームコンテンツをどんな場所でもプレーできることである。例えば、対戦型格闘ゲームのように低遅延性が重視されるゲームの場合、従来は光回線に接続したパソコンを利用するのが一般的だった。これらのゲームを携帯通信でも遅延なくプレーできるようになれば、空港の待ち時間にスマートフォン(スマホ)を使ってオンライン対戦を気軽に楽しむようなプレースタイルが実現するわけだ。

 NTTドコモの森永氏は、eスポーツへの5G応用を実証する同社の取り組みを紹介した。2018年1月に開催されたeスポーツの大会「EVO Japan 2018」で、同社は5G環境下における対戦型格闘ゲームの実証実験を実施。ブースに5G基地局と移動局装置を設置し、回線の一部を5G回線にしたパソコンと、光回線に直接接続したパソコンを並べて、オンライン対戦ができる体験コーナーを用意した。体験者に操作感についてアンケートを取った結果、9割以上が5G回線側でも遅延を感じず、高い評価を得られたという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら