マツダは2018年10月2日、世界で販売する全ての車両を2030年までに電動化すると発表した。同日に開催した「技術説明会」で、同社社長の丸本明氏が明らかにした(図1)。

図1 マツダ社長の丸本明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2030年に発売する電動車両の内訳はプラグインハイブリッド車(PHEV)とハイブリッド車(HEV)が95%、エンジンを発電用に使う「レンジエクステンダー」込みの電気自動車(EV)が5%になる見通し。燃料電池車(FCV)の開発は、現時点で想定していない。

 EVでは電池だけで走行する車両(BEV)の他、航続距離を伸ばすためレンジエクステンダー搭載車も開発する。ドイツBMWのEV「i3」は、二輪車用の2気筒エンジンを発電用に使う。これに対してマツダは、小型・高出力の「ロータリーエンジン」を新たに開発して使う計画だ。(図2)。

図2 過去に展示したレンジエクステンダーの試作システム
2014年5月の「人とくるまのテクノロジー展」で記者が撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら