米Facebook傘下の米Oculus VR(以下、オキュラス)は、米国サンノゼで2018年9月26~27日(現地時間)に開発者向けイベント「Oculus Connect 5」を開催した。その開催初日の基調講演で、Facebook CEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が登壇し、新世代のVR(Virtual Reality)向けヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Quest」を2019年春に発売することを明らかにした(発表資料1)。価格は399米ドルからである(64Gバイト品)。発売日と価格が明らかにされた瞬間、基調講演の会場は来場者の歓声に包まれた。

 

基調講演に登壇したザッカーバーグ氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
「Oculus Quest」を発表。オキュラスのスライド(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
Oculus Questの本体とコントローラー(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 Oculus Questは、コード名「Santa Cruz」として開発中だったもの。2016年10月の「Oculus Connect 3」でその存在を公表してから、約2年半後に製品することになる(関連記事1)。

 発売と同時に出る対応コンテンツ(ローンチタイトル)は50以上だという。その中に含まれるのが、「スター・ウォーズ」シリーズのVR版シリーズ「Vader Immortal:A Star Wars VR Series」のエピソード1である(発表資料2)。タイトルにあるように、「ダース・ベイダー」を主軸にしたストーリーだという。米Lucasfilm(ルーカスフィルム)の「ILMxLAB」が手掛ける。同シリーズが発表されると、会場は大いに沸いた。

「スター・ウォーズ」シリーズのVR版を発表。オキュラスのスライド。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら