日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 2020年以降の実用化を目指すSUBARU(スバル)の自動運転システムが見えてきた。同システムの概要とシステムを搭載した実験車両を、2018年9月13~14日に東京都内で開催された米エヌビディア(NVIDIA)の開発者会議「GPU Technology Conference(GTC)Japan 2018」の講演で発表した。実験車両は、スバルの中型車「インプレッサ」をベースに開発したものである。

 スバルは2030年に、スバル車が関与する交通死亡事故をゼロにする目標を掲げている。目標達成のために2020年以降に、高速道路での「レベル2」の自動運転の実用化を目指す。

 現在は、高速道路の単一車線におけるレベル2の自動運転を実現している。2020年以降は、複数車線や分岐・合流などを含めて支援できるようにする。SAE(米自動車技術者会)が定めるレベル2の自動運転とは、加減速や操舵などの運転者の操作をシステムが支援する状態のことである(図1)。

図1 スバルの自動運転のロードマップ
(出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

 2024年以降は、高速道路や自動車専用道、一般道でのレベル2以上(レベル3を含む)の自動運転と「レベル4」の自動駐車の実用化を目指す。レベル3の自動運転とは、加減速や操舵などの操作を一定の条件下でシステムが行う状態。緊急時などは運転者に操作の権限を移す。レベル4の自動運転とは、全ての操作をシステムが行い、運転者は操作に関与しない状態である。