米Amazon Web Services(AWS)にとって、初となるオンプレミス(自社所有)環境向けの本格的なサービス提供が始まる。米VMwareとAWSは、「Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) on VMware」を2018年8月に発表。オンプレミス環境にあるVMware製品の上で、AWSのリレーショナルデータベース(RDB)サービス「Amazon RDS」を動かす。両社が協業しハイブリッドクラウドの推進を狙う。

 クラウドのAWS上で提供しているAmazon RDSでは、RDBの導入や設定、パッチ適用やバックアップといった一連の運用をAWSが代行する。クラウド上で提供してきたこの製品の稼働場所を、今回、オンプレミス環境にも広げる。

 2018年8月に米ラスベガスで開催された、VMwareの年次イベント「VMworld 2018 US」での講演で、AWSのアンディ・ジェシーCEOは「多くの企業が(クラウドとオンプレミス環境の)ハイブリッドモードになってきた。そうした企業の『オンプレミス環境で使いやすいRDBが欲しい』という声に応える」と新サービス投入の理由を話した。

 Amazon RDS on VMwareの仕組みは基本的に従来のAmazon RDSと変わらない。ユーザーの指示に従って、仮想マシン上にRDBをプロビジョニングしたうえで、AWSがリモート運用する。ただし、AWS独自の仮想マシンではなく、VMwareの仮想マシンで稼働できるようにAmazon RDSを調整してある。

Amazon RDS on VMwareの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon RDS on VMwareが稼働するオンプレミス環境とAWSは、インターネットまたは専用線(AWS Direct Connect)で接続し、VPNトンネルを構成。ユーザーのオンプレミス環境を、AWSの「アベイラビリティーゾーン(AZ)」の一つとして扱う。

 本来のアベイラビリティーゾーンは、1~数カ所のAWSのデータセンターを管理のためにグループ化したもの。ユーザーのオンプレミス環境をアベイラビリティーゾーンとみなすということは、AWSにとってみれば「サービス提供のための設備」と位置付けているとも解釈できる。

 Amazon RDS on VMwareで利用可能なRDBは、Oracle DB、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQL、MariaDBの予定。このうちプレビュー版での提供が確定しているのは、MySQL、PostgreSQL、MariaDBの3つだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら