ルネサス エレクトロニクスは2018年9月11日、米国の半導体会社Integrated Device Technology(IDT)を約67億米ドル(約7330億円)で買収すると発表した(図1図2)。認可当局からの承認取得などの手続きを経て2019年5月末までに完了する。今回の買収によって、アナログ半導体の製品群を拡大して車載事業を強化するとともに、成長が続くデータセンター向け需要を取り込む。高信頼性かつ高利益率で安定的な半導体市場でトップの座を目指す。

図1 会見した社長兼CEOの呉文精氏(左)と常務兼CFOの柴田英利氏
[画像のクリックで拡大表示]
図2 手元資金と借入金を充てる
(図:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら