米iRobot(アイロボット)は、ロボット掃除機「Roomba(ルンバ)」の新モデル「i7+」と新しい充電ドック「Clean Base Automatic Dirt Disposal」を米国サンフランシスコで開催のイベント「TechCrunch Disrupt SF 2018」(2018年9月5~7日)で発表した(ニュースリリース)。同社 Chairman, CEO and FounderのColin Angle氏が登壇。TechCrunchの編集者からのインタビューに答える形で、新しいルンバや充電ドックの特徴をアピールした。

「i7+」と新しい充電ドック(写真:iRobot)
[画像のクリックで拡大表示]
新しいルンバと充電ドックをそばに置きながら話をするiRobotのAngle氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら