デンソーウェーブは2018年8月28日、同社とアララが提供するQRコードサービスの一部を中止すると発表した。中止したのは、QRコード作成者にQRコード利用者のIPアドレスや位置情報を提供するサービス。プレスリリースでは、個人情報に関する指摘がきっかけでサービスを中止したと説明していた。

突如発表になったQRコード作成者への情報提供サービス中止のお知らせ
(出所:デンソーウェーブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 個人情報に関する指摘とは何なのか。サービスの中止には、5月25日に施行された「EU一般データ保護規則(GDPR)」に絡んでいたと考えられる。

利用者の情報を収集してサーバーに送信

 QRコードは、デンソーウェーブが開発した2次元コードである。英数字や漢字、ひらがななどの文字列を四角い画像コードとして作成できる。カメラ付きのスマートフォン(スマホ)などでQRコードを読み取るソフトを使えば、QRコードから元の文字列を得られる。

 QRコードの仕様は公開されており、QRコードを作成するWebサービスやQRコードを読み取るソフトは無料で提供されている。QRコードを開発したデンソーウェーブも、アララと共同開発したQRコードを作成するWebサービス「QRコードメーカー」とQRコードを読み取るソフト「公式QRコードリーダー“Q”」(以下、“Q”)を無料で提供する。

Google Playにある「公式QRコードリーダー“Q”」のページ
(出所:Google Play)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら