狙う電気自動車(EV)は、乗用車ではなくバスやタクシーといった商用車――。そんな戦略を描くのが、東芝インフラシステムズである。同社は、東芝グループで車載用電池を手掛けているメーカー。同社のリチウムイオン電池(LIB)「SCiB」は、負極に酸化物系の材料を使う点が最大の特徴である()。負極に炭素系の材料を使う一般的なEV用のLIBと比べて、エネルギー密度が小さいという欠点があるが、同社はよりエネルギー密度を高めた次世代SCiBを開発中だ。

東芝インフラシステムズのリチウムイオン電池(LIB)「SCiB」
東芝インフラシステムズのリチウムイオン電池(LIB)「SCiB」
出所:東芝インフラシステムズ
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によれば、SCiBは寿命が長く、内部抵抗が低いことから入出力密度が大きく、充電時間が短く、安全性が高いのが長所。寿命に対する心配が少ないことから、電池が劣化しやすいとされる電池の充電率(SOC)が高いところや低いところを避けて使う必要が少ない(幅広いSOCで電池を活用しやすい)。その上、少ない容量の電池で相対的に大きな入出力に対応できることから、ハイブリッド車(HEV)やマイルドHEVを中心に活用されている。

 そんな同社が現在開発に力を入れているのが、ニオブチタン系酸化物(NTO)という新しい酸化物系の負極材料を使った次世代SCiBである。現行のSCiBで使うチタン酸リチウム(LTO)という酸化物系の負極材料をNTOに置き換えて実現する。その利点は、エネルギー密度を高められること。現行のSCiBに対して、エネルギー密度を50%以上向上させることが目標で、現行の一般的なEV用LIBの水準に同密度を近づけたいと同社は目論む。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら