福井県坂井市など9市町で同時に起こったシステム障害の波紋が広がっている。2018年7月22日に9市町に関わる通信ネットワークで接続障害が発生し、週が開けた翌23日から窓口業務などが混乱した。マイナンバーや個人情報の漏洩は発生していない。

福井県坂井市はWebサイトでシステム障害による一部業務停止を告知
(出所:福井県坂井市)
[画像のクリックで拡大表示]

 復旧作業に手間取り、全9市町で業務が正常化したのは約1週間後の7月30日だった。8月9日時点で根本的な原因は判明していない。調査や再発防止の取り組みが長期化する恐れがある。

坂井市はメールも使えない状況に

 障害の影響を受けたのは坂井市のほかに、あわら市、越前市、小浜市、永平寺町、南越前町、若狭町、おおい町、高浜町である。いずれも福井システムズ(坂井市)にシステム運営を委託していた。ただし、委託していたシステムはそれぞれ異なる。

 システム障害による被害が大きかったのは坂井市だ。福井市に次ぐ規模の同市は住民票や上下水道、福祉、税務など幅広いシステムを福井システムズに委託していた。

 これらが使えなくなり窓口業務が滞った。申請だけを受け付けて証明書類を後日郵送するといったケースが約290件、申請自体も受け付けられず後日の来庁を依頼したケースが約140件に上った。

 坂井市は電子メールシステムも使えなくなった。システム障害の間、Webサイトで「電子メールを確認できないので、お急ぎのかたは電話もしくはFAXなどでのご連絡をお願いします」と呼び掛けた。最低限の電子メールの送受信だけは、臨時に共用PCを設けてしのいだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら